利用者が多いjalの予約は早めがお得【独自の早期割引運賃】

コンテンツ一覧

初めての海外観戦にも最適

フォーミュラカー

楽しみ方が豊富

2008年より毎年開催されているF1のシンガポールグランプリは、日本やバーレーンといったアジア地域で開催されるF1グランプリの一つです。世界中から観光客を誘致する目的で、開催費用の半分以上を政府が負担しており、官民合わせたバックアップによって他国のグランプリでは類を見ないほど華やかなレースが開催されています。シンガポールグランプリの一番の特徴と言えるのが、夜間に開催されるナイトレースという事です。フォーミュラーカーにはヘッドライトが搭載されていないため、ナイトレースは困難でしたが、シンガポールグランプリではコースサイドに設置された1600基の投光器によって十分な照度を経ており、史上初のF1ナイトレースとして開催されるに至りました。大都市の夜景と、白熱したF1のレースを同時に楽しめるのは今のところシンガポールグランプリのみです。公道がコースとなっているため、コース周辺だけでなく、コース内にも高級ホテルやオフィス、ショッピング施設などの観光名所が多数存在しているのも、このグランプリの特徴です。日本でもよく知られたマーライオン像があるマーライオン公園もコースの13コーナー付近にあり、通称マーライオンヘアピンとして親しまれています。また22、23コーナー内には高さ165メートルを誇る巨大な観覧車、シンガポール・フライヤーがあり、チケットによっては無料で乗れる特典が付く場合があります。また例年世界的なアーティストを招待して行われる、迫力のコンサートが開催され、レース以外でも楽しみ方が豊富にあるのもシンガポールグランプリの魅力です。日本からも近く、F1観戦所初心者でも満喫できる楽しみが詰まったシンガポールグランプリにぜひ足を運んでみてください。