利用者が多いjalの予約は早めがお得【独自の早期割引運賃】

コンテンツ一覧

地方や離島に強い航空会社

飛行機

お得な割引プランとは

国内の移動で飛行機を利用する際に使われることが多いのがjalです。jalは日本の代表的な航空会社であり、全国各地へ航路をつないでいます。他の航空会社とコードシェア(共同運航)を行っており、他社が飛ばない地方空港や離島などにも運航路線をもっています。普通運賃(早割等の値段を含む)はもう一方の大手航空会社とそう違いはなく、最近増えているLCC(格安航空会社)よりは割高になっています。割高の理由は機内サービスや座席の大きさの違い、専用の空港ラウンジがある・なしなどの理由によります。LCCは徹底的な効率化を図る事で低価格な運賃を設定できる訳ですが、運航路線や便数が少ない、発着空港が限られているなどの理由で、使い勝手が良いと評判なのはjalなどの大手航空会社です。LCCと比べて割高感のあるjalの航空運賃ですが、予約の時期や予約の方法によってはお得な航空チケットを入手することが可能です。予約の時期ですが通常の航空チケットを予約できるのは2カ月先までのものですが、jalでは最大で6カ月先まで予約できる先得と呼ばれる料金プランを設定しています。その他にも満65歳以上の方で搭乗日当日、出発空港にて空席がある場合に利用できる当日シルバー割引、満12歳以上26歳未満の方で搭乗日当日の空席利用ができるスカイメイトなどの割引プランが揃っています。近年利用者が増え評判になっているのが、往復の航空券と1泊の宿泊費がセットになったjalダイナミックパッケージです。片道普通運賃程度の値段で購入できるとあって、旅費を節約したい個人旅行者やビジネスマンなどに人気を呼んでいます。大手航空会社だけあってサービスの質が高く、利用者の満足度が高いのがjalといえます。